日本土着の神々の前で

新郎新婦

神社選びや各種手配

和婚とは、日本独自の伝統的な形式でおこなわれる結婚式で、昨今ではこれを選択するカップルが増えてきています。和婚は基本的に、日本土着の神々を祀る神社でおこなうことになります。そのため日本で生まれ、今後も日本で生活するカップルの多くが、和婚で土着神からの加護を得ることを希望するようになっているのです。また、海外で生まれ育った人が、日本文化を好んで和婚を選択することもあります。和婚のためには、まずは神社を探したり選んだりすることが必要となります。挙式可能となっている神社は限られているので、それを探した上で、最も希望に合うところを選定するのです。特に選定のポイントとなっているのは、ロケーションの良さや、予定している披露宴会場との距離、神楽や巫女の舞などの有無です。選んだ後は、その神社に申し込みをし、神社関係者と打ち合わせを進めていくことになります。もちろん白無垢や打掛などの衣装の準備、スタイリストやカメラマンなどの専門家の手配も大事です。そのため多くの手間暇がかかるのですが、和婚の需要が高まっていることから、昨今ではこれをサポートするプロデュース会社も増加しています。依頼すれば、神社の選定から、各種手続きと手配、当日の進行まで任せることが可能となります。またプロデュース会社の中には、衣装の貸し出しや着付けのサービスをおこなっているところもあります。そのため利用により、和婚が一層スムーズで魅力のあるものになると言えます。